思いっきり食いつく木

2008年01月23日
手すりに食いつく木 初詣の帰り、見かけて車の中から撮った。この手の現象はTVなどで見聞きする事はあっても実物は初めて見た。こんなにはっきり食いつくものなのか。
posted by ryumia at 09:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | 写真:その他
この記事へのコメント
こんにちは
この現象、一種の保護機能なのでしょうが、見ていて木の生命力に圧倒されてしまいます。
街路樹は、個人的には賛成できないのですが
(どう考えても、劣悪な環境に木をさらしていますし、この一本で環境に大きな影響があると思えませんし、交通障害になることも多い)
こんな環境でも、しっかり根を生やして生きてゆくその力、見習わなくちゃなぁと思ってしまいます(笑)
Posted by tkosgn at 2008年01月26日 11:42
木の生命力、すごいですよね。
痛々しいを通り越して、強いなあと。
街路樹を木の立場から見る事はあまりなく、周囲の住環境を人間にとって少しでも良くするために植えているのでしょうね。
木にとっても劣悪な環境が改善されれば良いと思うのですが。その点、ディーゼル車の排煙規制は私はすごく評価しています。人にとっても木にとっても前に比べれば明らかに環境改善されました。
Posted by ryumia at 2008年01月28日 19:40
はじめまして、tkosgnさんのブログから遊びにきました。
迷彩柄にも見えるような樹が、ガードレールに喰いついているのを見て思わずコメントせずにいられませんでした。
樹も生きているのだなぁと実感。
これくらい逞しくなりたいです。
貴重なお写真を見せていただきありがとうございます。
Posted by at 2008年01月31日 15:08
コメントありがとうございます。
偶然見かけたのですが、多少食い込んでいる所じゃない食い付きっぷりがすごいですよね。
Posted by ryumia at 2008年02月15日 16:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。